0120-257-022
メールでのご相談
訪問エリア
川崎市幸区、中原区、川崎区、高津区、
宮前区
横浜市港北区、鶴見区、都筑区、緑区
東京都大田区

年末年始も年中無休です。

メディ在宅クリニック院長 髙橋 保正です。
あっという間に、クリスマス、大みそか、そしてお正月です。

おとそ気分にひたっている場合ではありません。

ましてや受験生は。
毎年2月には医師国家試験が待っています。

試験は毎年どんどん難しくなっています。

かつては3日間あった試験が、今は2日間になったものの、難問400問に答えなければなりません。

トータル13時間40分の試験。

一問あたりに許される時間は約2分。

近年は英語問題も出されます。

外科医でないとわかりにくい手術中のトラブル回避に関する問題なども出題されます。

医学生といえども、あらゆる科の病院実習に常に本気で取り組まないといけません。

どんな些細なことも医師は知識として頭に叩き込んでいかなくてはなりません。

すべての経験を活かして、待っている患者さまに全力で対応しなくてはなりません。

迅速に迅速に正解を出していかないといけません。

その第一歩の医師国家試験。国家試験が終われば今度は研修医として2年間。

あらゆる手技や知識を習得するために様々な科を回っていきます。

今年も研修医の先生が当院に実習に来てくれています。

患者さまのお家を一緒に訪問して、患者さま、ご家族さまのお話をじっくりお伺いすることが一番大切です。

次にお身体を拝見し、ご自宅での血液検査や腹部エコーを行ないます。

その場で直ちに解決すべき問題を抽出して、治療に入ります。

腸閉塞になっていれば、お鼻から胃管をいれたり、注射薬を使用したり。

栄養失調であれば、中心静脈カテーテルを留置して、電池式ポンプを使用して高カロリーの点滴を開始したり。

腹水や胸水があれば、その場で麻酔を使いながら、お水を抜いたり。

貧血が強ければ輸血もします。

ほぼ救急外来や集中治療室と同等です。

在宅医療でもたくさんの経験をして研修医の先生は巣立って行かれます。

医療においても介護においても日々の患者さまの問題を解決していく能力がとても大事です。

目の前の患者さまが困っている時に、どんな形でも良いから解決策の一つをご提案できれば、それだけで患者さまを笑顔にすることができます。

どんな些細な不安も一緒に考えて差し上げることがとっても大事です。

医師として、看護師として、介護職として、病院スタッフとしてできることを考えるのが大事。

何よりも「人として」患者さまに何ができるのか。

そういった原点に帰って、患者さまと向き合うことは、とてもステキだし大切なことだと考えます。

今年も残りあとわずか。

1年間たくさんの患者さまとの出会いとお別れがありました。

患者さまの穏やかな笑顔から私たちは日々たくさんのことを学びます。

ご家族さまの涙と微笑みから、私たちは自分たちが目指す方向性が間違っていないという確信を感じています。

人は必ず人生の最後の日が来ます。

だからこそ私たちも今やるべきことに全てをかけて取り組まなければなりません。

今日もたくさんの患者さまがあなたを待っています。

日々、私たちは患者さまから点数をつけられています。

この人は80点。

この人は60点。

うんうん、この人は120点。

厳しい目で私たちは評価されます。

だからこそいつも慎重に丁寧に。

心を込めてできることをしっかりと行ないましょう。

さあ、あなたの笑顔であなたの熱い想いで、患者さまをしあわせにしてさしあげましょうね。


病院医師・看護師・連携室職員のみなさまからよくある質問にお答えします。

年末年始にお家に帰りたい患者さまがいらっしゃいます。ご相談可能でしょうか?

 

ご相談ありがとうございます。

もちろんお引き受け大丈夫です。

大好きなお家でご家族さまとともに、年末年始を過ごしたい患者さまはたくさんいらっしゃいます。

私たちは年中無休で訪問を行なっています。

年末年始も毎日ご自宅に訪問して、いつも通りの治療を継続してまいります。

急な退院にも対応できるように、いつも準備万端にしています。

毎年12月30日にも31日にも病院の皆さま、介護のスタッフの皆さまから患者さまのご相談をいただき、すぐに訪問を開始しております。

介護ベッドが無い方はお布団で点滴をします。

お一人暮らしの患者さまのお買い物や介護のお手伝いもさせていただいております。

どんな患者さまに対してもまずはスピード感を持って、訪問開始できるように心がけております。

毎日私たちのクリニックのお電話はつながります。

ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

全力で皆さまのお手伝いをさせていただきます。

メディちゃんの4コマまんが



ワンポイントスキルアップ講座


ExcelファイルをPDFで保存する方法

Excelで作成したファイルをPDFで保存することで、Excelソフトが入ってないパソコンやスマートフォンでも内容を見ることができます。

今回はExcelファイルをPDFで保存する方法をご紹介いたします。

【PDFで保存したいシートを選択する】
Excelの入力が済んだシートからPDFで保存したいシートをクリックしたあと、上部のメニューにある「ファイル」をクリックします。

左端にあるメニューの「印刷」をクリックします。

【どのシートをPDFにするかを設定する】
選択したシートだけをPDFにする場合は、プルダウンメニューから「作業中のシートを印刷」を選び、クリックします。

作成したシートすべてをPDFにする場合は、「ブック全体を印刷」を選びクリックします。

【1シートのExcelを1ページのPDFに収める】
範囲を設定せずにPDFとして保存するとデータが収まらない可能性があるので、1シートのExcelデータを1ページのPDFに収めるために 「シートを1ページに印刷」 を選びクリックします。

【名前を付けてPDFで保存】
左端のメニューから「名前を付けて保存」をクリックします。

ファイル名を入力し、保存する形式で「PDF」を選びます。

「保存」をクリックすればExcelで作成したデータをPDFファイルで保存することができます。


メディちゃんの「やわらか頭体操」





クイズ制作 かみふじこうじ

答えはここをクリック!
メールでのご相談はこちら
メッキじゃない 人生をキラキラ輝かせる 魔法の言葉 緩和ケアフォーラム メディ通信はこちら 末期がん患者ご家族のための「食事」と「在宅医療」の知識についてはこちら 高橋保正のブログはこちら